交通事故の賠償請求での「素因減額」とは

交通事故の賠償請求 素因減額ってなに?

 交通事故による死傷者が絶えないなか、もし被害者となった場合において、加害者に損害賠償という形で補償金を請求することができます。しかし、この損害賠償について加害者に請求できる内容などは、当事者など関わりがなければ知る必要もないため、把握している人は少ないと思われます。しかしいつ事故に巻き込まれるかわからなく、実際に保険会社との示談において損やトラブルになるケースはお金が絡むだけに多いです。ですから備えとして把握しても損はないと言えます。

 交通事故の損害賠償は、被害者の損害を埋めることが目的です。その損害内容は、入院や通院費用、治療費などの積極損害、事故により仕事を休んだなどの消極損害、精神的・肉体的苦痛に対する慰謝料、壊されたものに対する損害の物損が挙げられます。

 これらを合計した金額が加害者に対し、損害賠償請求できる金額となります。そして慰謝料金額においては自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つがあり、このなかで弁護士基準が最も高いとされています。
また、損害賠償として気をつけなければいけないのは、まず上記の物損事故では慰謝料の請求はできないことです。そして交通事故による被害の発生と拡大が被害者自身にあるとされると賠償金を減額される素因減額です。
これは交通事故による影響でネガティブな心理的反応になるのは当然ですが、それが一般的な人のレベルを超える反応を示した心因的素因がある場合や、事故前から存在した基礎疾患がある場合の体質的素因があると、総損害額からこの素因減額して査定されますので注意が必要です。

ページ上部へ戻る